株式会社コンフィデンス

IR

CORPORATE GOVERNANCE

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、限りある経営資源を有効活用し、高い成長を維持することで企業価値の向上を図るため、透明・公正かつ迅速な意思決定のための仕組みを構築することを基本方針とし、かつコーポレート・ガバナンスコードの基本原則を踏まえた以下のコーポレート・ガバナンスの充実に取り組む方針です。

  1. 株主の権利・平等性の確保
  2. 従業員、子会社、取引先、債権者、地域社会などの株主以外のステークホルダーとの適切な協働
  3. 適切な情報開示と透明性の確保
  4. 独立役員の監督・監査機能の発揮と取締役会の実効性の確保
  5. 株主との対話とそのための環境整備

当社グループでは、役員構成に関する独自の基準として、主要株主、その子会社及びその関連会社との兼務者は原則1名を上限とする旨を役員規程に定めております。また、取締役及び監査役の独立性について独自のガイドラインを定めております。これらを遵守することによって、一般株主の利益が損なわれることがないよう独立性の高い社外役員が経営を監督する体制を整備しております。

企業統治の体制の模式図